時の雫

器に飛鉋の文様を入れる際にこぼれ落ちる欠片を丁寧に焼締め、ガラスのドームに閉じ込めました