眞鍋 沙智

友禅染

友禅染

tint

tint

Profle

Morphoshere代表
「京友禅」京もの認定工芸士

 一見しただけでは平面的・写実的と思える作品にも、染め上がる過程には様々な技法や高度な独自のテクニックが散りばめられ、一枚の美しさが成立している着物。
眼前に広げられた美しさが、同じ職人であるはずの 私にさえ知りえない方法によって製作されている、という事実は常に作家としての私を衝き動かしてくれる”友禅染め”が持つ大きな魅力。 
そんな友禅の美しさ、色彩と図案の芸術性に魅かれ、2007年立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業後、友禅作家の吉田喜八郎に師事し手描友禅を学ぶ。
現代の着物を取り巻く深刻な状況の中で、”友禅染め”が本来持っている「鑑賞物」としての側面を一から深く再考し、その地位の向上に取り組むことを志し、新たなシーンや市場を今後生み出していくために、作品 が「観る・着る・飾る」という役割を越境することをコンセプトに制作
 。
 またより身近に色を纏うことを叶える、染めと刺繍のアクセサリー「tint」シリーズ
 
2007 吉田喜八郎氏に師事
2009 日本工芸会近畿支部展に訪問着「楽園への誘い」入選
    UNPLUGGEDに参加(以降4回参加)    
2011 男物洒落着「ケモノデ」が日本新工芸新人奨励賞受賞。
2017 京もの認定工芸士取得
    「 tint」リリース
 2018 友禅デザインタイル販売開始
     第六回京ものユースコンぺティション 準グランプリ受賞
 2019 友禅を主軸にした包括的なものづくりブランドMorphospere設立。
Morphospere